【事業再構築補助金】合同会社INUの補助金申請支援サービスの特徴を徹底解説!

補助金の申請支援を依頼したいけど、誰に相談すればいいか分からずに悩んでいませんか?

補助金の申請支援を行うコンサルティング会社は、非常に多くありますが、安心して任せられる会社に依頼したいですよね?

ここでは、合同会社INUの申請支援サービスについて、ご紹介します。

コンサルを選ぶ時の注意点についても紹介していくので、この記事を読むことで「申請支援のサービスってなにをやってくれるの?」「どのコンサルを選べばいいの?」といった疑問を解消することができます。

目次

補助金コンサルとは?

補助金コンサルとは、国や地方自治体の補助金の活用方法の相談から実際の申請支援までを行ってくれるコンサルティング会社のことです。

現在は、非常にたくさんの補助金がある上、申請作業も煩雑なため、

「使える補助金を知りたいけど、種類が多すぎて分からない…」

「補助金の申請条件を満たしているか分からない…」

「申請の手続きが大変…」

といった悩みを抱えている経営者の方は、たくさんいると思います。

補助金コンサルは、経営者の方に活用可能な補助金やその具体的な活用方法を提案し、申請支援まで行うことで、このような経営者の皆様のサポートを行っています。

合同会社INUの補助金申請支援サービスの特徴

【特徴①:顧客第一主義】

補助金コンサルの中には、申請を行わせるために、会社の利益に繋がらないと思われる事業でも、受けるコンサルがあります。また、新規事業に取り組む意欲が高くないのに「補助金がもらえるから」と言う理由で申請しようとする会社があります。

私たちのミッションは

「本気で新規事業をやりたい経営者に対して、有効な補助金の活用を支援し、利益の増加に貢献する。」

私たちは会社にとって本当に利益となるような新規事業に本気で取り組む経営者の方々のみをご支援させて頂いています。

【特徴②:あらゆる業種で高い採択率】

他社で一度不採択になった方などをはじめとして、1回目で不採択になった方のうち90%以上の方が採択されています。

他社と比べて圧倒的な高採択率であるのは、幅広い業種の事業計画をサポートしている弊社在籍のスペシャリストが事業計画のヒアリングから売上計画まで幅広い部分を支援しているためです。地方から都市部、実店舗型のビジネスから広告代理店までどのような形態の事業でも対応可能です。

【特徴③:申請からアフターフォローまでをトータルで支援】

他の会社では採択後の報告まで行わないケースがほとんどですが、弊社では実績報告から5年報告までトータルして支援します。また、弊社では、補助金申請サポートの実績が豊富な専門家が在籍し、申請もご一緒にいたします。

私たちがアフターフォローまでをセットで支援しているのは、採択後の報告が正しく行われて初めて補助金の受給が可能となるためです。

当社は、補助金関連の全ての手続きをトータルで支援するので、安心して補助金を利用した新規事業に取り組むことができます。

合同会社INUの具体的な補助金申請支援のサービスの内容とは?

①事業計画書作成

補助金の採択の可否を決める事業計画書を作成いたします。

オンラインでのヒアリングで、実施したい事業についてお伺いして、事業計画書の内容を決定していきます。

事業が採択されるためには、事業計画書が全ての審査項目を満たしている必要があります。

合同会社INUは豊富な支援実績があり、審査項目を網羅した事業計画書を作成することが可能で、補助金の採択率を最大まで高めることが可能です。

【審査項目の例】

・事業化に向けて、競合他社の動向を把握すること等を通じて市場ニーズを考慮するとと もに、補助事業の成果の事業化が寄与するユーザー、マーケット及び市場規模が明確か。 市場ニーズの有無を検証できているか。

・事業再構築指針に沿った取組みであるか。また、全く異なる業種への転換など、リスク の高い、思い切った大胆な事業の再構築を行うものであるか。

・新型コロナウイルスが事業環境に与える影響を乗り越えて V 字回復を達成するために有効な投資内容となっているか。

②申請手続き支援

書類の提出や申請サイトへの情報の記入といった補助金の申請の手続きを一括で行います。

申請手続きを自分で行うことには、以下のような問題点があります。

・申請に不備があれば、審査対象にすらならずに不採択となる

・時間と手間がかかる

当社は、決算書といった申請に必要な書類をお伝えし、実際の申請手続きは全て行うため、お客様に負担をかけることなく、安心して申請を終えることが可能です。

③交付申請支援

新規事業が見事採択されたとしても、まだ補助金が受給できるわけではありません。

見積書等をはじめとする書類を提出して、補助金の受給を確定させる交付申請と呼ばれる手続きを行う必要があります。

交付申請の手続きまでの支援は行っていない業者も多くあり、

「交付申請の手続きが分からない」

「自分で申請まではしたが、採択後の作業に多くの時間を取られてしまうため支援して欲しい」

といったお問い合わせが当社にも多く寄せられます。

当社では、交付申請も完全に支援するため、採択後の「さあ、新規事業をはじめよう」というフェーズにおいて、経営者の皆様の負担を無くし、新規事業に集中していただくことができます。

④実績報告支援

交付申請が受理されて、立案した新規事業の立ち上げが完了したら、計画通りに事業を実施したことを証明する実績報告という手続きを行う必要があります。

実績報告まで完了してようやく補助金の受給という流れになるため、最後まで気が抜けません。

実績報告は次のような理由によって多くの時間を取られてしまいます。

・見積書、請求書、領収書等を指定の様式でまとめる必要がある

・実績報告書を作成する必要がある

・実績報告書について修正の指摘をされるなど、事務局とのやりとりが生じる可能性がある

当社では、必要書類をお伝えして送付していただく他は、実績報告に必要な全ての作業を支援するため、最後まで安心してお任せしていただくことが可能です。

補助金コンサルを選ぶ時の注意点

この記事を読んでいる皆さんは、様々な補助金コンサルを比較されていると思います。

無料相談を受け付けている事業者も多くあるので、広く比較して自分に最適な事業者を選ぶのが良いと思いますが、私自身が一業者だからこそわかる比較の際の注意点についてお伝えしていきます。

【注意点①】申請作業の支援を行ってくれるか?

事業計画書の作成だけではなく、必要な書類の準備や申請手続きまで支援をしてもらえるか確認しましょう。

申請作業は、様々な情報を入力しなければならなかったり、指定の様式で書類を整理したりする必要があるなど、慣れていなければ想像以上に手間がかかる作業です。

また、不備があればそれだけで不採択となってしまうこともあるので、確実に申請手続きを行いたいようであれば、申請作業の支援まで行ってくれるコンサルに依頼すると良いでしょう。

【注意点②】交付申請や実績報告といった採択後に必要な手続きを行ってくれるか?

サービスの料金に採択後の交付申請や実績報告まで含まれているかを確認しましょう。

多くのコンサルは、交付申請と実績報告は申請支援サービスの内容に含まれておらず、別料金で受け付けているので、この点については注意が必要です。

交付申請や実績報告までコンサルに依頼することを計画している場合は、これらの料金まで含めたトータルのコストを比較してコンサルを選ぶと良いでしょう。

【注意点③】採択実績を有するなど事業計画書作成のノウハウがあるか?

採択率をできるだけ高めたいのであれば、事業再構築補助金の採択実績があるコンサルを選ぶようにしましょう。

税理士や中小企業診断士の資格を持っているからといって、事業再構築補助金の事業計画書作成に精通しているとは限りません。

補助金の申請には、一般的なコンサルとは異なった専門的な知識が必要です。

高い採択率を誇るなど、質の高い事業計画書を作成してくれるコンサルに依頼すると良いでしょう。

まとめ

事業再構築補助金は、キャッシュフローやスケジュールなど企業の経営を大きく左右します。だからこそ、申請支援を依頼する場合には、信頼のおけるコンサルに依頼するべきでしょう。

事業再構築補助金の公式のホームページでも注意喚起されているように、現在、サービス内容とは乖離した高額な報酬を請求する悪質な事業者も多くいます。

今回補助金コンサルの選び方の注意点でご紹介したような観点で、信頼できる相性のよいコンサルを選びましょう。

本気で新規事業に取り組むなら、合同会社INUに相談しませんか?

現在、合同会社INUでは第六回事業再構築補助金の申請支援を受付中です。

無料相談も行っているため、「この事業で補助金が使えるか?」「採択率を高めるにはどうしたら良いか?」といった悩みがあるようであれば、まずはお気軽にご相談ください。

ありがたいことに、現在多くの経営者の方々から支援のご依頼を頂いており、定員に達し次第受付を締め切らせていただくので、ぜひ早めにご相談いただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

宮﨑 一旗のアバター 宮﨑 一旗 合同会社INU

合同会社INU代表社員。3年間不動産賃貸業の会社で財務のコンサルティングを実施。その後独立。令和2年9月に合同会社INUを設立。開業から1年で20社の採択に関わる。総支援額は1億円を突破。事業計画書をそのまま銀行に持っていき融資が通るなど事業計画のクオリティの高さに定評がある。

目次
閉じる