[2024.2]宮崎県で事業再構築補助金を申請するなら合同会社INUへ!宮崎県での採択例もなども紹介

事業再構築補助金 宮崎県

事業再構築補助金第12回公募の無料診断受付中です。

「補助金を使えるか?」
「採択の可能性はどれくらいか?」

といった疑問をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

事業再構築補助金の申請代行支援サービスの選び方のポイント」はこちら

※記事は作成時の公募要領をもとに作成しているため最新の情報と異なることがございます

宮崎県で「事業再構築補助金って言葉は聞いたことあるけど分からない」「事業再構築補助金について詳しく知りたい」と思っている方々いませんか?この記事では事業再構築補助金の概要について、そして宮崎県における第9回、第10回などの採択事例についていくつか紹介していきます。

佐賀県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
長崎県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
熊本県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
大分県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
福岡県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
沖縄県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
鹿児島で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら

この記事の目次

事業再構築補助金とは?

事業再構築補助金とは、中小企業や個人事業主を事業の発展や業務転換の面から支援する補助金のことです。事業再構築補助金は全国の事業者を対象としています。もちろん、宮崎県の事業者様も対象になりますので、ぜひ、読んでください。この章では、事業再構築補助金の概要について詳しく解説していきます。


事業再構築補助金の補助率

まず、事業再構補助金の補助率を見ていきましょう。以下は、応募枠に対する補助率を示した表です。

応募枠中小企業等中堅企業等
①成長枠1/2(2/3)1/2(2/3)
②グリーン成長枠1/2(2/3)1/2(2/3)
③卒業促進枠1/21/3
④大規模賃金引上促進枠1/21/3
⑤産業構造転換枠2/31/2
最低賃金枠3/42/3
⑦物価高騰対策・回復再生応援枠2/3※1/2※

上の表を見ると、中小企業等と中小企業等で補助率が異なります。例を挙げると、大規模賃金引上促進枠では、中小企業の事業再構築補助金の補助率は1/2に対し、中小企業等の事業再構築補助金の補助率は1/3で低いことが分かります。
事業再構築補助金の補助率が変わるのは、中小企業か中堅企業かどうかだけでなく、それに加えて事業再構築補助金の応募枠によっても大きく異なることが分かります。
こちらも例を挙げると、卒業促進枠の中小企業と中堅企業の事業再構築補助金の補助率はそれぞれ1/2と1/3である。しかし、産業構造転換枠の中小企業と中堅企業の補助率はそれぞれ2/3と1/2であり、応募枠によって補助率は異なることが分かります。

事業再構築補助金の上限補助金

次に事業再構築補助金の補助上限金額を見ていきましょう。以下は、応募枠と従業員数に対する補助上限金額を示した表です。 

応募枠従業員数
〜5人6〜20人21〜50人51〜100人101人〜
①成長枠2,000万円2,000万円4,000万円5,000万円7,000万円
②-1グリーン成長枠(エントリー)(中小企業等)4,000万円4,000万円6,000万円6,000万円8,000万円
②-1グリーン成長枠(エントリー)(中堅企業等)1億円
②-2グリーン成長枠(スタンダード)中小企業等:1億円 中堅企業等:1.5億円
③卒業促進枠成長枠・グリーン成長枠に準じる
④大規模賃金引上促進枠3,000万円
⑤産業構造転換枠2,000万円2,000万円4,000万円5,000万円7,000万円
⑥最低賃金枠500万円1,000万円1,500万円1,500万円1,500万円
⑦物価高騰対策・回復再生応援枠1,000万円1,500万円2,000万円3,000万円3,000万円

応募枠によっても補助上限金額が大きく異なることが分かりますね。その幅は1000万円から1億円と大きいことが分かります。例えば、同じ5人以下の事業でも、成長枠とグリーン成長枠ではそれぞれ2000万円と4000万円で差があります。
また、他にも従業員の数によっても補助上限金額は異なることが分かります。
例えば、グリーン成長枠のみに注目すると、従業員が5人から20人では2事業再構築補助金の補助上限金額は4000万円ですが、100人以上の場合、8000万円と補助上限金額は大きくなっています。他にも、物価高騰対策・回復再生応援枠に注目すると、従業員が5人まででは事業再構築補助金の補助上限金額は1000万円ですが、100人以上の場合300万円と補助上限金額は大きくなっています。

事業再構築補助金の採択率

次は事業再構築補助金の採択率です。以下の画像は第1回から第8回までの応募件数と採択件数、採択率を示した表です。

公募 応募件数 採択件数 採択率
第1回公募 22,229件 8,015件 36.0%
第2回公募 20,800件 9,336件 44.9%
第3回公募 20,307件 9,021件 44.4%
第4回公募 19,673件 8,810件 44.8%
第5回公募 21,035件 9,707件 46.1%
第6回公募 15,340件 7,669件 49.9%
第7回公募 15,132件 7,745件 51.1%
第8回公募 12,591件 6,456件 51.3%
第9回公募 9,368件 4,259件 45.4%
第10回公募 10,821件 5,205件 48.1%


上の表から事業再構築補助金の応募件数、採択件数に注目すると、それぞれ数は減少していると分かります。第1回の応募件数、採択件数はそれぞれ22,229件、8015件に対して、第2回、第3回と減少していき、第8回では12,591件、6,456件と応募件数は半分程度になっています。

しかし、重要なのは応募件数や採択件数ではありません。この表から分かる点で最も重要なのは採択率です。第1回の採択率は36.0%で3人の事業のうち、2人は落ちてしまいます。しかし採択率は上昇していき、第8回では51.3%と、50%を上回っています。
確実に採択されるためにも、事業再構築補助金の審査項目をしっかりと満たし、適切な事業計画書の作成が必要不可欠になってきます。
さて、宮崎県ではどのような事業が採択されたのでしょうか。

宮崎県の採択事例を紹介

採択事例①

一つ目は宮崎県宮崎市のゴルフスクールです。九州の中でも自然の豊かな広大な土地を活かしたゴルフスクールです。事業再構築補助金を用いて始めることに勇気のいるゴルフを女性のインストラクターを通してより身近に老若男女が楽しめるゴルフ施設を実現することができました。事業再構築補助金は主に照明やゴルフ用具に使用されていると考えられます。

採択事例②

二つ目の事例は宮崎県宮崎市の自動車会社から地域の農家への機械整備事業です。宮崎県は主に肉牛や養鶏業の農業が盛んであるが人口の影響で衰退しつつあります。農業の再興の為に農家に優しく、そして効率的な生産を目標とした機械整備のサービス業が事業再構築補助金を使い実現されました。事業再構築補助金は主に機械の整備費やその他部品の費用に使われたと考えられます。

採択事例③

三つ目は宮崎県都城市の産業廃棄物を再利用した新製品の製造と販売事業です。コロナ渦で国内市場の縮小等から産業廃棄物の再利用に注目し、新製品「新燃クラッシャーブリック」の製造と販売を始めました。事業再構築補助金は主に製品の製造や販売の広告費などに使われていると考えられます。

宮崎県でのこれらの事例から地域の特色や地域の活性化に注目した事業そして今の国内のニーズにあった事業が採択されやすい傾向にあると考えられます。

事業再構築補助金の申請支援なら合同会社INUにお任せ!

合同会社INUでは、宮崎県の事業者様向けに事業再構築補助金の申請支援を行っております。合同会社のINUの事業再構築補助金の申請支援サービスは次のような特徴があります。
・他者ではあり得ない90%の高採択率
・全国各地どこでも可能、オンラインで全国対応
・事業計画を通じて、お客様の強みを言語化
無料相談も行っているため、宮崎県の事業者様で「この事業で補助金が使えるか?」「採択率を高めるにはどうしたら良いか?」といった悩みがあるような方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ありがたいことに、現在多くの経営者の方々から支援のご依頼を頂いており、定員に達し次第受付を締め切らせていただくので、ぜひ早めにご相談いただければと思います。

この記事の目次