【2024.2】沖縄県で事業再構築補助金を申請するなら合同会社INUへ!採択事例なども紹介

事業再構築補助金 沖縄県

事業再構築補助金第12回公募の無料診断受付中です。

「補助金を使えるか?」
「採択の可能性はどれくらいか?」

といった疑問をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

事業再構築補助金の申請代行支援サービスの選び方のポイント」はこちら

※記事は作成時の公募要領をもとに作成しているため最新の情報と異なることがございます

沖縄県で「事業再構築補助金に興味はあるけどいまいちなんだか分からないな」「事業再構築補助金を申請したいけどどうしたらいいかな」と思っている方々いませんか?この記事では事業再構築補助金の概要について、そして沖縄県の各地域における採択事例について解説していきます。

佐賀県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
長崎県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
熊本県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
大分県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
宮崎県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
福岡県で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら
鹿児島で事業再構築補助金を申請しようとしている方はこちら

この記事の目次

事業再構築補助金とは?

事業再構築補助金は、経済産業省が提供する支援制度であり、新型コロナウイルスの影響などで経営困難に陥った事業者に対して経営再建や事業継続の支援を行うものです。
具体的な補助対象費用には、設備投資費用やコンサルティング費用、人件費などが含まれます。各費用ごとに異なる補助率が設定される場合があります。事業再構築補助金は主に中堅企業や中小企業の事業者が対象となっていますが、経営規模に関係なく全国の事業者を対象としているため、もちろん沖縄県の事業者様も対象となります。

コロナ禍で停滞している状況を打開したいと考えている経営者の方、既存のノウハウを活かして新規事業を始めたいと考えている経営者の方必見です。

事業再構築補助金の補助率

まず、事業再構補助金の補助率を見ていきましょう。以下は、応募枠に対する補助率を示した画像です。

応募枠中小企業等中堅企業等
①成長枠1/2(2/3)1/2(2/3)
②グリーン成長枠1/2(2/3)1/2(2/3)
③卒業促進枠1/21/3
④大規模賃金引上促進枠1/21/3
⑤産業構造転換枠2/31/2
最低賃金枠3/42/3
⑦物価高騰対策・回復再生応援枠2/3※1/2※



上の画像から分かるように、事業再構築補助金は全額補助と言うものがほぼ無く、主に提出した希望額の何割かを補助するという形態になります。

一般的には30%から70%程度が一般的です。例えば、補助率が50%の場合、申請者が支出した費用の半分が補助金として支給されます。しかしそれは提案した計画を多方面から判断して適切な補助率となるので一概に補助金も支給額が決まっているとは言い難いです。

事業再構築補助金の補助率は中小企業の方が多くの枠で補助率が高い場合が多いですが、地域やその事業の計画によっては逆転する可能性があります。

詳細:経済産業省 事業再構築補助金

事業再構築補助金の補助上限金額

次に事業再構築補助金の補助上限金額を見ていきましょう。以下は、応募枠と従業員数に対する補助上限金額を示した画像です。

応募枠従業員数
〜5人6〜20人21〜50人51〜100人101人〜
①成長枠2,000万円2,000万円4,000万円5,000万円7,000万円
②-1グリーン成長枠(エントリー)(中小企業等)4,000万円4,000万円6,000万円6,000万円8,000万円
②-1グリーン成長枠(エントリー)(中堅企業等)1億円
②-2グリーン成長枠(スタンダード)中小企業等:1億円 中堅企業等:1.5億円
③卒業促進枠成長枠・グリーン成長枠に準じる
④大規模賃金引上促進枠3,000万円
⑤産業構造転換枠2,000万円2,000万円4,000万円5,000万円7,000万円
⑥最低賃金枠500万円1,000万円1,500万円1,500万円1,500万円
⑦物価高騰対策・回復再生応援枠1,000万円1,500万円2,000万円3,000万円3,000万円



まず補助上限額とは、申請者が受けることができる補助金の最大限度を示しています。具体的な補助上限額は、国や地方自治体によって異なりますが、数百万円から数千万円の範囲が一般的です。

上の表を参照にすると、事業再構築補助金の上限金額は一定に決まっているのではなく様々な枠組みが設けられており事業再構築補助金を申請しようと考えている経営者の方は自分の計画に支給される事業再構築補助金の上限を知っておくことが必要です。

先程の補助率と関連して補助上限額は、一般的には補助金の割合に基づいて設定されます。補助率が高い場合、補助上限額も相応に高く設定されることがあります。

詳細:経済産業省 事業再構築補助金

事業再構築補助金の採択率

次は事業再構築補助金の採択率を見てみましょう。以下の画像は第1回から第10回までの応募件数と採択件数、採択率を示した画像です。

公募 応募件数 採択件数 採択率
第1回公募 22,229件 8,015件 36.0%
第2回公募 20,800件 9,336件 44.9%
第3回公募 20,307件 9,021件 44.4%
第4回公募 19,673件 8,810件 44.8%
第5回公募 21,035件 9,707件 46.1%
第6回公募 15,340件 7,669件 49.9%
第7回公募 15,132件 7,745件 51.1%
第8回公募 12,591件 6,456件 51.3%
第9回公募 9,368件 4,259件 45.4%
第10回公募 10,821件 5,205件 48.1%



上の表で注目してほしいのは採択率です。第一回の採択率は36.0%と、3社のうち2社は落ちてしまうという低い採択率となっていますが、第8回以降はおよそ50%前後の採択率になっています。採択率が上がっていることにはコロナ禍による資金難も大きく関わっているでしょう。
また、コロナ禍と言うこともありここ数年ではコロナ禍の影響を大きく受けた観光業、小売業や飲食業と言った分野からの事業再構築補助金の申請が多い傾向にあります。
コロナ禍の影響を大きく受けた業者は事業再構築補助金を活用し、観光地の魅力をPRするためのプロモーション活動や、地元の特産品を活用した観光商品の開発などに力をいれてます。

しかし、特に需要の高い補助金や予算が限られている場合は、採択率が低くなる傾向があります。その際は申請の前に前回、前々回の採択結果などを参考にすると良いでしょう。

第10回の採択結果はこちらから
さて、沖縄県では、どのような事業が採択されたのでしょうか。

沖縄県の採択事例を紹介

今回は沖縄県での事業再構築補助金の採択事例をいくつか紹介します。

採択事例①

一つ目は、沖縄県沖縄市の宿泊業の企業が提供する「ミドル世代向け沖縄健康長寿プロジェクト」と言う事例です。健康寿命が年々下がっている働き盛りのミドル世代を対象に「ヘルスハックプロジェクト」を通して、健康への啓蒙活動及び、その方法について医師や管理栄養士等の専門家が監修したカリキュラムをオンラインで学べる環境を整えることを目標としています。事業再構築補助金は主にオンラインで学べるインターネット環境の設備に利用されていると考えられます。

採択事例②

二つ目は、沖縄県宮古島市の卸売業の企業が提供する「旅館業+飲食店開業で観光客が激増する宮古島における観光業界参入プロジェクト」と言う事例です。ガソリンスタンド経営は市場縮小の斜陽産業であり、原油の高騰により電気・水素自動車が今後普及することで、将来的には事業継続が困難になることが考えられます。近隣に新たに観光客を呼び込む旅館・ホテルを運営して、車の利便性を図り収益の確保を推進していきます。事業再構築補助金は主にホテルや旅館の改修費に活用されていると考えられます。

採択事例③

三つ目は、沖縄県沖縄市の建設業の企業が提供する「沖縄のリゾート地域にある不動産を生かしたホテル事業への転換」という事例です。この企業はリフォーム業から民泊事業への転換を行ったが、コロナの影響で売上が減少してしまった。本事業では施設の改装を行い、国内客をターゲットとしたホテル事業への再転換を行う。地元企業とも連携しながらコロナ禍の厳しい状況を打破することが目標である。事業再構築補助金は主に施設の改修費に利用されていると考えられます。

採択事例④

四つ目は、沖縄県沖縄市の飲食業の企業が提供する「感動食体験で地域活性化を目指すオキナワンクレープ事業」と言う事例です。この事業の概要はクレープ販売を行うことで、昼間のおやつとして食べ歩きする需要を狙った事業です。食事タイプのクレープも販売することでランチ需要も狙うので市場や顧客を変える新市場へ転換する為の事業を策定しています。事業再構築補助金は主に食事タイプのクレープの開発費に利用されていると考えられます。

これら4つの沖縄県の事業の採択事例から、既存の事業のノウハウを活かした地域復興のための新規事業や観光地ならではの空き地や空き家を利用したホテル事業が採択されやすい傾向にあります。

事業再構築補助金の申請支援なら合同会社INUにお任せ!

合同会社INUでは、沖縄県の事業者様向けに事業再構築補助金の申請支援を行っております。合同会社のINUの事業再構築補助金の申請支援サービスは次のような特徴があります。
・他者ではあり得ない90%の高採択率
・全国各地どこでも可能、オンラインで全国対応
・事業計画を通じて、お客様の強みを言語化
無料相談も行っているため、沖縄県の事業者様で「この事業で補助金が使えるか?」「採択率を高めるにはどうしたら良いか?」といった悩みがあるような方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ありがたいことに、現在多くの経営者の方々から支援のご依頼を頂いており、定員に達し次第受付を締め切らせていただくので、ぜひ早めにご相談いただければと思います。

この記事の目次