事業再構築補助金のコンサルの選び方と費用相場を徹底解説!

事業再構築補助金の申請の際にコンサルに依頼することを検討しているものの、「どこを選べばいいのかわからない」とお困りではありませんか?この記事では補助金のコンサルの選び方について解説していきたいと思います。

目次

事業再構築補助金のコンサルとは

事業再構築補助金のコンサルティングサービスとは、補助金の活用支援と申請支援を行うサービスのことです。
具体的なサービス内容としては、事業再構築補助金で申請する経費に関するアドバイスを行ったり、審査の基準となる事業計画書の作成を支援したりします。また、採択後のさまざまな手続きに関してもミスや漏れがないようにサポートをしてくれます。

事業再構築補助金の公式ホームページはこちらから

事業再構築補助金のコンサルを行う事業者の例

税理士

顧問先の企業を中心に事業再構築補助金のコンサルティングサービスを税理士が行っていることもあります。顧問の税理士であれば相談しやすく自社の事業について理解してくれいているためスムーズに事業計画書作成の支援を行ってくれるでしょう。また、財務的な観点からのアドバイスも得られます。

中小企業診断士

中小企業の経営をサポートする中小企業診断士の資格を持ったコンサルタントが事業再構築補助金のコンサルティングサービスを行っていることもよくあります。国家資格である中小企業診断士は、経営的な視点から補助金の活用や事業計画のブラッシュアップを行ってくれるでしょう。

補助金専門のコンサルティング会社

補助金の活用支援を専門的に行うコンサルティング会社も事業再構築補助金のコンサルティングサービスを行う事業者の一つです。補助金を専門としているためノウハウがあり、高い採択率や手厚いサポートといった強みを持っています。また、事業再構築補助金にとどまらず、自社にあった最適な補助金を提案してくれるでしょう。

事業再構築補助金をコンサルに依頼するメリット

事業計画のブラッシュアップ

事業再構築補助金のコンサルティングサービスを行っている事業者は、なんらかの形で高い経営的な知見を有しているので、事業の計画自体にアドバイスを行ってくれます。構想していた新規事業を、補助金の利用の可否に関わらず、客観的な視点でブラッシュアップできます。

採択率の向上

事業再構築補助金をコンサルに依頼することによって補助金の採択率の向上が期待できます。事業再構築補助金は、申請すれば必ず受け取れるものではなく、事業計画書に基づいて採択か不採択かが決定されます。

事業計画書が採択されるためには、採択基準を網羅するなどいくつかのポイントがあるため、知見のあるコンサルに依頼することで、補助金を受け取れる可能性が高まります。

申請業務の負担減少

事業再構築補助金をコンサルに依頼することで、申請や申請後に発生するさまざまな手続きの負担を減らすことができます。さまざまなフォームへの入力や、書類の整理、事務局とのやりとりといった煩雑な作業負担を軽減できるので、新規事業の立案・遂行に集中できます。

事業再構築補助金をコンサルに依頼するデメリット

費用がかかる

事業再構築補助金をコンサルに依頼すると当然ながら自身で申請するよりも費用がかかります。費用は成功報酬体系で行っている事業者が多く、採択後の補助金が受け取れる前に費用を支払う場合もあるので、資金繰り面でも注意が必要です。

コミュニケーションコストがかかる

事業再構築補助金をコンサルに依頼すると、現在の事業やこれから行いたい新規事業について細かく伝える必要があるなど、コミュニケーションコストが発生します。自社のことを深く理解してくれるような相性のよいコンサルタントを探すと良いでしょう。

事業再構築補助金のコンサルの費用の相場は?

事業再構築補助金のコンサルの費用相場は、着手金で5〜10万円、成功報酬で補助金8〜15%となっています。ただし、費用にどんなサービスが含まれているかは確認が必要です。支援を依頼したら提示された費用は事業計画書の作成費用だけで、申請作業や申請後の手続きの支援を依頼したらトータルで高くついたといったこともあるので注意が必要です。

事業再構築補助金のコンサルを選ぶ際のポイント

採択率

コンサルを選ぶ際は、過去の公募の実績で高い採択率を出しているかを一つの基準として比較しましょう。ただ、ホームページに記載されている採択率は事業者の自己申告であるため完全に鵜呑みにするのもよくないでしょう。

支援実績のある業種

依頼先のコンサルが、自社の業種の支援実績があるか確認すると良いでしょう。
コンサルによって、得意な業種が異なるので自社の業種の支援実績が豊富にあるコンサルを選ぶと採択率の向上につながります。

事業再構築補助金のコンサルを選ぶ際の注意点

事業再構築補助金のコンサルを選ぶ際には、支援内容を必ず確認するようにしましょう。
支援内容が事業計画書作成だけなのか、それとも採択後の交付申請や実績報告といった手続きまでなのかを必ず確認しましょう。

表示してある料金は、申請までの料金で、採択後の交付申請や実績報告といった手続きの支援は別料金で行っているコンサルが多いです。採択後の手続きまで依頼することが決まっている場合は、トータルの費用で必ず比較するようにしましょう。

まとめ

事業再構築補助金のコンサルの選び方と費用の相場について解説してきました。

事業再構築補助金のコンサルは非常にたくさんの事業者があるので、依頼を検討している際は、ここで紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

宮﨑 一旗のアバター 宮﨑 一旗 合同会社INU

合同会社INU代表社員。3年間不動産賃貸業の会社で財務のコンサルティングを実施。その後独立。令和2年9月に合同会社INUを設立。開業から1年で20社の採択に関わる。総支援額は1億円を突破。事業計画書をそのまま銀行に持っていき融資が通るなど事業計画のクオリティの高さに定評がある。

目次
閉じる